omnivagueのSTAFF日記

旧、東京杉並区西荻窪のヴィンテージ雑貨屋オムニヴァーグのスタッフ・ブログです。(現、高岡在住)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -| - |
『さよなら子供たち』 omnivagueの映画100撰
 映画『さよなら子供たち』 
1988年 フランス 公開当時、劇場にて鑑賞。
ルイ・マルの少年神学校時代の思い出。
ユダヤの友達と匿った神父さんがナチスに連行される迄の話。
マルと少年が心を通わせるきっかけとなったジャズピアノ連弾シーンは鳥肌モノである。
全編に渡っての美しいスモークブルーフィルターレンズは、
この思い出だけは霞がかった青を被せずには語れるか!というマル監督の想い。
ラストシーンはハンカチのご用意を。
18:54 | omnivagueの映画100撰 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
『月の声』フェデリコ・フェリーニ×ニコラ・ピオヴァーニ
 http://www.youtube.com/watch?v=BTqMLFELl3o&feature=related
ニーノ・ロータ亡き後、ニコラ・ピオヴァーニ作曲によるフェリーニ遺作『voce della luna ボイス・オブ・ムーン』のサウンンドトラック・メインテーマです。フェリーニ×ロータ旧作amarcordeアマルコルドのテーマへのオマージュとなっています。
フェリーニの愚作の声の多い本作ですが、私は大好きな作品の一つです。『喜劇俳優ロベルト・ベニーニ演ずる純真無垢な主人公は、月の声が気になって仕方がないのですが、いつも騒音に掻き消されてしまいます。』ピオヴァーニの幻想的な音楽と相まって、フェリーニ独特のファンタジーの世界に引き込まれます。
01:45 | omnivagueの映画100撰 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
映画『Pina』 W.ヴェンダース
http://www.youtube.com/watch?v=vu0LKym0l64
フェリーニ『そして船は行く』での、
舞踏家ピナ・バウシュ圧倒的な存在
感。
そしていよいよ今月末日本公開の、
ピナを追ったヴィム・ヴェンダ
ース作品『Pina』 
ピナ・バウシュの急死により撮影中止が余儀なくされてから再開、5月にやっと本国での公開。
そして10月末にようやく東京です。
小生、最期まで眠らずに観られる初のヴェンダース映画なるか!笑


http://www.youtube.com/watch?v
=_70RyLC1bGw&feature=related

と思ったが、W,ヴェンダース監督で寝なかった映画あった!
『都市とモードの
ビデオノート』
山本耀司(なにげにセツモードセミナー出身)のストイックな創作活動を追ったドキュメンタリー。
こんなに完璧主義者じゃ会社潰れるのいたしかたないwww
でも、ファッション従事者必見ですぞ。
ヴェンダース自ら執ったカメラワークも素晴らしい!

http://www.youtube.com/watch?v=aod6AnXhp3E&feature=related
全編に渡っての音楽を担当したのは、『ベルリン・天使の詩』で
W
endersに見出され出演もしている、
LaurentPeti
tgangローラン・プティガン。

さて、このショートムーヴィー5:07〜8:26コレクションシ
ーンで使われている

童謡の曲名が20年来分かりません。

武満徹の
歌曲と思ったのですが違うようです。

ご存知のかたご教示願います


YohjiYamamotoCollectionのCD全8枚には
収められていません。



                                              Yu.
14:35 | omnivagueの映画100撰 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
北欧&東欧&ルシアン・アニメーション
 http://www.youtube.com/watch?v=X8laXAeT0wE
初期シュヴァンクマイエルとユーリ・ノルシュテインの次に注目しているアニメーションです。ラトビアかどこかロシアの作品。ロシア語なのでどれが監督名でどれがタイトルなのかも解りません。色の構図といい展開といい、全編に渡るシンセサイザーと女性ヴォーカルといい、美しさの宝庫です。
もし、これが子供向けならシュール過ぎます笑。
残念ながら、未だ海外サイトから直輸入するしかDVDの購入手段がありません。
17:13 | omnivagueの映画100撰 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
NEW CATEGORY 映画100撰

 omnivagueの映画100撰

(編集中)

思い出したものをツラツラ30分で書きましたので、これから変更、編集、コメントを加えていきます。

ちなみに、私の中で、過去20年間、ほとんど変動はしていません(笑)
主に、テンポや構図、色彩や音楽など、感覚重視のセレクトです。
必然、ヌーヴェルヴァーグや実験映画が多くなってしまいました。
一般的なベスト100とはかなり異なりますので、このブログを見て、
観てみたけれど面白くなかったというクレームはご遠慮願います(笑)
逆に、ヴィンテージショップのオーナーとしては、観ておかないと
仕事にならないラインナップになっていると思います。
ちなみに、西荻窪駅傍のTSUTAYAには、おそらく半分も無いです(苦笑)



以下、順不同(ランキングなし)

気狂いピエロ
勝手にしやがれ
右側に気をつけろ / 以上 ジャンリュック・ゴダール     
81/2 
そして船は行く 出演:ピナ・バウシュ
ボイスオブムーン / 以上 フェデリコ・フェリーニ
ダウンバイロー
パーマネントヴァケーション
ストレンジャーザンパラダイス
ナイトオンザプラネット
スモーク  / 以上 ジム・ジャームシュ
さよなら子供たち 
死刑台のエレベーター
地下鉄のザジ
五月のミル / 以上 ルイ・マル
華氏451 / フランソワ・トリュフォー
美女と野獣
詩人の血 / 以上 ジャン・コクトー
男と女
レ・ミゼラブル / 以上 クロード・ルルーシュ
ひまわり / ヴィットリオ・デ・シーカ
バルスーズ / ベルトラン・ブリエ
さよならエマニエル夫人 / 音楽セルジュ・ゲンズブール
ガラスの墓標 / セルジュ・ゲンズブール
赤い風船 / アルベール・ラモリス
キッド
独裁者 
街の灯/ 以上 チャールズ・チャップリン
早春
晩春
晩秋
東京物語
お早よう
秋刀魚の味 /  以上 小津安二郎
都市とモードのビデオノート / ヴィム・ヴェンダース
PINA / ヴィム・ヴェンダース
砂の女 
他人の顔 / 以上 勅使河原宏 安部公房原作
書を捨てよ町へ出よう
田園に死す / 以上 寺山修司
卍 / 増村保造
愛のコリーダ
戦場のメリークリスマス / 以上 大島渚
にっぽん昆虫記
復讐するは我にあり / 以上 今村昌平
ざくろの色 / セルゲイ・パラジャーノフ
青いパパイヤの香り 
ノルウェイの森 文房具omnivague / 以上 トランアンユン
ミツバチのささやき / ビクトル・エリセ
博士の異常な愛情 
2001年宇宙の旅
時計仕掛けのオレンジ
シャイニング / 以上 スタンリー・キューブリック
レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ / アキ・カウリスマキ
アリス / ヤン・シュヴァンクマイエル
コックと泥棒その妻と愛人
ピアノレッスン / ジェーン・カンピオン
ニューシネマパラダイス / トルナトーレ
ディーバ
バグダッド・カフェ / パーシー・アドロン
最後の戦い
サブウェイ
グラン・ブルー / 以上 リュック・ベッソン
ポンヌフの恋人 / レオス・カラックス
フォレスト・ガンプ
ギルバートグレープ
ラストエンペラー
ブレードランナー / リドリー・スコット
エレファントマン
ブルーベルベット
ワイルドアットハート / 以上 デヴィッド・リンチ
ナチュラルボーンキラーズ
パルプ・フィクション / 以上 クエンティン・タランティーノ
オズの魔法使い
雨に唄えば / ジーン・ケリー
アパートの鍵貸します / ビリー・ワイルダー
ローマの休日
ティファニーで朝食を
カサブランカ
パワーズ・オブ・テン / チャールズ&レイ・イームズ
ぼくらと遊ぼう!
お魚の話 / 以上 ブジェチスラフ・ボヤル
ドラえもん のび太の恐竜
パンダコパンダ / 高畑勲・宮崎駿
ゴジラ対ヘドラ
話の話 / ユーリ・ノルシュテイン
pasacina / Sed uz slieksna
ある街角の物語 / 手塚治虫
スノーマン
風が吹くとき
かもめ食堂
めがね
色即ぜねれーしょん / みうらじゅん×田口トモロヲ 持ち道具(衣装)omnivague
おいしいコーヒーの真実
不都合な真実 
いのちの食べ方
ダーウィンの悪夢
みつばちの羽音と地球の回転
/ 以上 ドキュメンタリー
真夏の夜のジャズ
ルー・リード: ロックン・ロール・ハート / アンディ・ウォーホル
ジミヘンドリクス&オーティス・レディング /
ステップアクロスザボーダー / フレッド・フリス、イヴァ・ビトーヴァ他
     以上 音楽ドキュメンタリー映画


100になったかな?


番外:
未来少年コナン (TVアニメーション キャラクターデザイン宮崎駿)
ウルトラQ / 実相寺昭雄

20:35 | omnivagueの映画100撰 | comments(0) | trackbacks(0)| - |