omnivagueのSTAFF日記

旧、東京杉並区西荻窪のヴィンテージ雑貨屋オムニヴァーグのスタッフ・ブログです。(現、高岡在住)
<< NEW ARRIVAL | TOP | 【皆賛江】 西荻omnivague木間寄利。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -| - |
Rum&Rasin & Iced-coofee & Icecream.
 RIMG0437.JPG
アンティーク笊ざる(駕籠) 日本製古民具 2000円→SALE1000円

今年もクーラーを着けずに、アンティーク扇風機の微かな風で盛夏の暑さを凌いでいます。
水出しアイスコーヒーが流行っていますが、筆者は、焙煎仕立ての豆を一気に淹れ、
手早く氷でステア急冷する、香り重視派です。
このほうがふわっと香りがたち、苦味がダイレクトに味わえます。

さて、熱湯でオイルを洗ったレーズンを干すのに絶好の日和となりましたので、
ラムレーズンの仕込みを開始しました。
RIMG0422.JPG
それぞれカリフォルニア産と南アフリカ産のオーガニック・フェアトレードの干し葡萄。
しっとりとしていて甘く食べ応えのあるノンオイルの前者も再度、天日乾し。こちらは芳醇な香りと深いコクのヴェネズエラ樽熟成ラム、PAMPEROと合わせ、さらに少し加糖してスウィートに。
硬めですっきりとした口当たりで後から滋味ある甘さが出てくる後者には、
同じ性格を持ったラム、MOUNT GRAYと合わせ、ややドライに。
財に余裕があれば、ラムに、RON SACAPA XOロンサカパあたりをもってくると、究極至極のラムレーズンとなります。
3時間ほど天日乾ししましたら、熱湯消毒した瓶につめ、ヒタヒタにラムを満たすだけです。

2〜3日で漬けあがり、約1ヶ月間食せます。

次回は、究極至極のシンプルなアイスクリームの作り方もご紹介しましょう。

14:17 | 賄い飯と食器の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
14:17 | - | - | -| - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://omnivague.jugem.jp/trackback/1025
トラックバック