omnivagueのSTAFF日記

旧、東京杉並区西荻窪のヴィンテージ雑貨屋オムニヴァーグのスタッフ・ブログです。(現、高岡在住)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -| - |
Book Cafe Orion さんの紹介 &遠方からのご来店有難う存じます。
 昨晩は、石神井台にあるマンションの1室、文字通りな隠れ家カフェ
Book Cafe Orion ブックカフェオリオン さん
http://www.bookcafeorion.com/
の、『真夏の夜の鍋』にお招ばれしました。
素敵なお客様との会話、楽しかったです。
お鍋と料理の数々、美味しいお酒、ご馳走様でした。
2年半前にC/Sなどテーブルウェアを購入いただいて以来、訪問の機会を作れなかったのですが、
やっと伺えました。
素晴らしい内装の寛ぎ空間です。
是非行ってみてください。
不定休があるので、omnivagueのblog.で見た旨、予約の上での訪問が確かと思います。
併設店 ALMA のスライド・クリップには、omnivagueのアンティーク玩具や絵本もたくさん!
↑URLからご覧になってみてください。

今日のomnivagueと西荻北の善福寺川付近は、日曜日とは思えないくらい長閑です。
かって柳宗理さんが名誉教授として教壇に立った、金沢美術工芸大学の学生さんが、
日帰りでご来店。ツーショット!
RIMG0343.JPG
17:11 | 店主日記 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
金曜午後の西荻村に、
RIMG0329.JPG
送料無料なのに、クール便で届ける心意気を汲んで、直ぐに飲まねばなるまい。

到着と同時にエールビールに最適な
冷え加減とは驚きました。

今回配布のラインナップに入っていませんが、ここんちの白ビール『水曜日のネコ』は、
ベルギーのVEDETTに遜色ないフレーヴァードとクリーミーさです。

西荻北トータル・ヴィンテージ WWW.omnivague.com 本日金曜日の営業時間は、
22時まで。 ただし、15時30分から17時まで、湯屋で酔い醒ましをする為、不在です。
17時から、ノンストップでエンジンがかかります。
14:56 | 店主日記 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
♪No amor, no sorriso, na flor Entao sonhou, sonhou♪

開店前に、秘密の路地裏でお茶をしました。

雨上がりの晴天には、誰に観せるでもなく最期を彩り、また、新しい息吹が芽生えるのを観察できます。

RIMG0315.JPG
一見ただの草むらなのですが、よく見ると、
RIMG0324.JPG
しおれたホタルブクロと群生するユリのムカゴや、
RIMG0323.JPG
役割交代するように花を開く鉄砲百合。
RIMG0317.JPG

次々と散っては蕾を開くビヨウヤナギ。そして、

RIMG0322.JPG

ギボシが初めて花を咲かせました。


『花はただ咲いていることも知らずに、ただ懸命に咲いている』
という、こそばゆいような名詩がありますが、まったくその通りだと思います。

表題のポルトガル語は、 ボサノヴァの名曲Meditacao〜瞑想から。

和歌の、『花の色は移りにけりな〜』とほぼ同義です。
             
                                        Y.

13:48 | 店主日記 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
印象に残る来客の噺その1/101
 倉庫から持ってきてしまった、精工舎の柱時計が、←この固有名詞使い、村上春樹風でいやらしいよね(笑)丑三つ時の鐘を鳴らし、起こされて後悔している。
古道具屋をやっていると色んなお客さんがやってくる。思い出深い変な人が多過ぎるが。
そうだな、今日は大城さんの話をしようか・・・。
omnivagueを開店して1年後くらいかな、大城さんという人が出入りするようになった。←この固有名詞は古物買取り守秘義務の個人情報だが、5年経ったので時効ってことで笑。
うちは古物商なので買取りということをやっていて、ある晩、彼は大きなナイロンバッグいっぱいに、VANSやNIKEの靴を大量に詰めて持ってきた。査定チェックすると、不思議なことに踵だけ不自然に磨り減っていて、表側や他の部位は新品同様だ。聞くと殆どがセレクトショップ別注のレアカラー。支払いを済まし、彼は受領書にサインをした。そしてウインドーの中のジバンシー...の1970年代デッドストックのアイウェアを見つめ、「自分ホントはヴィンテージが大好きなんです。1点物だから誰とも被んないじゃないっすか。カッケーなぁ、いつかこれを買いたい・・・。」と言って帰っていった。
2度目に来店した時は、ドメスティックブランドのTシャツやウェアを大量に持ってきた。これも1度しか袖を通していないような新品同様(いかんせん香水臭い。)支払いを済ますと、彼は、「あのサングラスまだありますか?」と聞いて、今度は手に取り、試着してみた。
3度目に来店した時、シルバージュエリーを買ってくれた。そしてボクが、「大城さんは、ダンサーでしょ?苗字からすると沖縄出身だね。」と聞いた。「どうして判りました!?」彼は驚いて聞いた。「あのシューズの減り方を見れば・・・。」ボクは答えた。「あ、そっか!そうですよね(笑)でも、子供ジャズダンススクールの先生が週一と、クラブイベントのステージすよ。あとは日雇い労働。ブレイクダンスが主なんで、踵だけ減るんすよ。そのまま履くと危険だから2回くらいで新品を買わなければいけないんすよ。それに、ステージだと常に最新モードのイタリアンブランドなんかを着なければならないから、自腹で大変す。」「なるほどねぇ・・・。」「今、自分29なったんで、30までオーディション受かんなかったら、沖縄帰ろうと決めてます。膝を痛めてキツイので、最近は。ジョギング兼ねてチラシ配りのバイトしてます。」「ブレイクだから膝に体重がダイレクトだよね?」「そうなんす!特に冬場冷えると激痛がはしります。」・・・。そんな風な会話をした後、ボクは、好きなコンテンポラリーダンスや舞踏の、ピナ・バウシュやマース・カニングハムの話をした。彼も観てみたいということで、YouTube鑑賞会になった。彼は食い入るように画面を見つめ、「ヘー!こんな世界があったんだ。自分は一通りの動きが出来ると思っていたのに、初めて見る動きばかりだ。身体の流れがキレイだ。」としきりに感嘆して、「飛ばなくても、こんなにゆっくりでもダンスになるんだ!これなら膝への負担も少ない。早速、自分の踊りに取り入れてみます。」最期に、「あの、サングラス、絶対いつか買いに来ますから。」と言って帰った。
6度目くらいに来店した時、彼は、自分のキーホルダーから、チャラン、チャランと1本づつ鍵を外し、「今日はこれを買ってもらえませんか?どうしても、牛丼が食いたいんす。」
見ると、D&Gのレザーだった。使い古してあるし、ボクの店でも300円で買い取るのが本当はせいいっぱいだったが、「肉だけじゃ栄養偏るっしょ。特盛り卵おしんこ味噌汁。」と言って千円札を渡した。『完全に質屋にされてるなぁ。』と心の中でつぶやいた。
さて冬が訪れ、ある時、彼は手ぶらでやってきたが、Tシャツ1枚。なんとアウターを全部売ってしまったとのこと。「ダンサーが肩を冷やしちゃいかんだろ、バカもんが!」ボクは彼との付き合いで初めて怒った。店のバックヤードから、リアルマッコイのボア付きのモッズコートみたいなヤツを、「返すのはいつでもいいから。」と言って貸した。
それから、パタリと彼は来なくなってしまった。『バックレられたか・・・。ヤフオク出しゃ3万だからなぁ。まっいいか。』と思った。
そして、春が来て、ふらりと彼は現れた。クリーニング屋の袋に入ったコートを持って。
「これ一冬の間も有難う御座いました。木間さん!報告があります。エイ○ックスのオーディションに受かりました。もう寮に引越したんです。これからバックダンサーとして全国ツアーにも行かせてもらえるんです。」「稼いだらあのジバンシーのサングラス買いに来ます!」
返してもらったコートはクリーニング済みなのに、香水の匂いが落ちていなかった。『まっいいか・・・。』と思った。
そして今日。『大城さん、ゴメン、誰も買えないような高い値札に付け替えて、キミだけを待ってたのに、あのサングラス、他の人に買われてしまったよ。でも、あれからずっと音沙汰無しなキミが悪いんだからね。』
23:10 | 店主日記 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
西荻チャサンポーにご来場ありがとうございました♪
 
 RIMG0247.JPG

6年前の今日omnivagueはプレオープン、明日が開店日でした。
お店をやって一番よかったことは、
皆様に出逢えたことです

きっと、皆様にお会いする為に店を開いたんだと思います。
とてもとても感謝しています。
皆様の行く先々に、幸せの太陽の光が降り注ぎますように。

RIMG0240.JPG

RIMG0234.JPG

RIMG0235.JPG
22:07 | 店主日記 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
鈴蘭の香りがお待ちしております。
 

RIMG4904.JPG
今日も西荻北、善福寺川付近は、都会のゴールデンウィークの喧騒とは無縁な長閑さです。

さて、本日、5月1日は、すずらんの日。

フランスでは、5月1日に、愛する人やお世話になっている人に、

すずらんを贈る習慣があり、もらった人には幸運が訪れるといわれます。


このスズランを贈るという風習がはじまったのは、1561年5月1日。

幸福をもたらす花として、すずらんの花束を受け取ったシャルル9世は

すずらんを大変お気に召し、それから宮廷のご婦人たちに、毎年スズランを送ることにしたそうです。

一般の人々がスズランを贈る風習は、19世紀末から徐々に進み、

この習慣が定着したのは1976年5月1日。
当時、パリ近郊の人々が森にスズランを探しに行き、摘んだスズランは

誰でも街頭で売ってよかったそうです。

ただしスズランは森で摘んだもので、花屋さんから100メートル以上離れた場所で売らなければならないなどと、いくつか規則もあったようです。

すずらんは日本原産の多年草です。

 ヨーロッパに入ったのは中世で、森に自生する植物でしたが、16世紀に栽培が始まりました。 

 この時代からすでに、鈴型の花はケルト人にとって、

 春のシンボルであり、幸せを呼ぶと考えられていました。

 すずらんの学名"Convallaria keiskei”を訳すと、

 Convallaria・・・すずらん属 keiskei・・・明治初期の植物学者 「伊藤圭介」さんの名前より となります。

 ちなみに、すずらん属という意味のConvallariaは、

 ラテン語の 「convallis(谷)+ leirion (ユリ)」が語源で 「谷間のユリ」の意味だそうです。

13:52 | 店主日記 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
コラム: 場末の古道具屋のつぶやき。
 古物商というのは、中古車販売や刀剣を除くと、大きく分けて、道具屋と古道具屋の2種類あります。前者は、古美術骨董すなわち茶道具屋を指し、格式高く、商用車にはヴォルボが好まれます。ベンツよりも荷台の物を守るに優れているからです。その他、雑多なのが古道具屋。私のようなヴィンテージショップは後者というわけです。着物や古書店も、古着屋、紙物屋と称され後者に入ります。商用車にはハイエースが好まれます。(私は積載量の少ないADバンです。)そして皆、ボコボコに凹んでいます。
出張買出しでは色々なお宅にお呼びいただき買い取り品の査定をするわけですが、いちばん大変で面白いのは、40年開かずの扉だったお祖母ちゃんの部屋の遺品なんかです。蜘蛛の巣かき分け蟲に刺されながら、顔中煤だらけにして、ついでに棘や硝子傷も作りながら、半世紀以上前にダイブしていきます。
いちばん面白くないのは、ご贈答品の小綺麗な買取りです。たいていはお中元お歳暮、結婚式の引き出物です。ここでタオルや毛布やサラダ油を想像した人は、普通の中流階級です。稀に、ごく一部の上流階級のお宅で、カミュルイ14世バカラクリスタルボトルやリヤドロ人形やエルメスの鞄など、これぜってー賄賂だろという山に遭遇すると、面白くないながらも金になるので興奮します。
目が肥え鑑定能力が高くなるにつけ、失礼な査定があってはいけないと思い、高額で買い取るようになります。20年近くこの商売をやっていると、アンティークやヴィンテージ、コレクタブルズ、アンダーグラウンドな品々はもちろん、百貨店に置かれるすべての高級ブランドとその真贋が脳内にインプットされます。
古着の洋服1着で3万円お支払いするのもざらです。
昨日も買い取りのお持込みがあって、昔のリカちゃん人形6体を、十数万円で買ってしまいました。駆け出しの頃の自分なら、5万円くらいしか払わなかったでしょう。
素人に近いほうが儲かるとは因果なものです。
02:58 | 店主日記 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
【ご飯と歓談、音楽鑑賞のお誘い】4月30日 Loca☆Kitchen ベジナイト@IRA
   【ご飯と歓談、音楽鑑賞のお誘い】

4月30日(火) Loca☆Kitchen の小料理ナイト@IRA

 (Irregular Rhythm Asylum  新宿御苑前)

で余興をさせていただきます♪

IRAは、世界のバックパッカーのインフォメーションショップの役割も果たしている不思議なお店です。
フェアトレードの下着や珈琲豆の販売もしています。興味深い絶版書籍やアート関連本&反核脱原発グッズなども沢山あります。アフリカ、チベット問題、パレスチナ紛争やデモの自主制作映画のフイルム上映なども行っています。


ロカ☆キッチンは、そこで毎週火曜日に開かれる

ビーガン料理の会です。

放射能不検出野菜を用いた、

工夫満載のベジタブル100%料理。

お財布が厳しい人に優しいスライディングスケール方式

の勘定ですので、

安心してメニュー制覇できます(笑)

ドリンクはビール300円、料理も一皿そのくらいが目安。


当日は、なんとメインゲストに、

奇才の歌姫『Agatha』さんが演奏します。

(チャージフリーですが、フードオーダーと投げ銭をお願いします。)

以下、「あがさ」さんご本人からのプロフィール紹介
和歌山生まれ、インチキ・クラシック音楽とUKロック育ち、中2でビートルズに魂を抜かれてシンガーソングライターを志す。色々旅してロングアン ドワインディングロードの果てにブラジル音楽(MPB)に出会う。結婚後五年半のブランクを経て「お棺」から這い出る。
>4/30はオリジナル曲とエリス・レジーナのナンバー等MPBカバーを織り交ぜて、エレガット一本、マイク無しで、「友達んち感覚」で弾き語りさせていただきます。


あがささんは、ブラジルMPBの歌姫、Elis Reginaの

後期の曲を、可愛いお顔だちと小さな身体に似合わず(笑)

迫力満点に弾き語るという、日本でも稀有な演奏家で、

ブラジル音楽専門店を中心に、都内で活躍中。

オリジナル曲もカッコよく、歌詞も魂にグッときます!



蛇足ですが、7時頃より、たぶん9時頃も少し)西荻窪北のトータル・ ヴィンテージショップ WWW.omnivague.com オーナー わたくし木間由一が、ゆる〜く前座を務めさせていただきます。投げ銭不要ですが、ドリンクオーダーの上、お耳汚しくださいませ (笑)
 ただし、わたくしめには、
 ビールをおごってくださっても構いません!


イレギュラーリズムアサイラム
東京都新宿区1−30−12−302
WEb.サイトと地図:http://irregular.sanpal.co.jp/?page_id=2

場所はショッカーや秘密結社のアジトのように判りにくい(笑)ので、

行ってみたい!という人は、木間までご連絡ください。


当日、お料理は、6時半頃から10時頃までオーダー可能。10時半頃閉店。

02:03 | 店主日記 | comments(1) | trackbacks(0)| - |
my recommend exhibition


 RIMG4851.JPG

古賀絵里子さんの写真展『一山』オープニングレセプションにお邪魔しました。
心が洗われただのの賛辞の慣用句が陳腐に思えるくらい素晴らしい作品揃い。
広尾エモン・フォトギャラリー於、今月末日までです。

http://information.kogaeriko.com/?eid=114
古賀絵里子Web.サイト 告知ページ

16:00 | 店主日記 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
JAPANESE PICKLES
RIMG4806.JPG
こちら私の両手イケメンお二人は、
吉祥寺ハモニカ横丁の老舗『清水漬物店』四代目の弟さん(右)とお友達。
いつも有難う存じます。
漬物と一緒に包んでしまったというgoro's創世記のお宝ヴィンテージ・シルバージュエリーは、
見つかりましたか?(><) 心配で書きました。

DSC_0121.JPG
こちらは、お兄ちゃん(四代目)がを夜間営っている、清水屋という漬物BAR。
DSC_0123.JPG
江戸時代から受け継ぐ糠床での糠漬けは絶品です。
芋焼酎ダブルに漬物盛り合わせても1000円ちょい。一人では食べ切れません笑。
02:24 | 店主日記 | comments(0) | trackbacks(0)| - |